ちょっと珍しいビール?ワイン?が
数量限定で入荷しました!!!

こちら、ビール+ワインなお酒です。

 



 

『イリーガル』っていうお酒なんですが
チリのオリジナル・クラフト・ビールに
なんと!!!!
ソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインをブレンドして
これを瓶内二次発酵させた世界初の新しいお酒なんです!

 

(´・ω`・)エッ? Σ(゚◇゚;)マジデッ!?

 

しかも、僕の大好きなソーヴィニヨン・ブランなんです。

ソーヴィニヨン・ブランはシャルドネに比べて温暖な気候を好みます。
現在ではニュージーランドやチリ、イタリアと、
世界各国で栽培されている品種になります。

ブドウの特徴としては葉と房が小さくて、熟すと黄金色に変化。
他の品種よりじっくりと熟す晩熟品種。

ただ、地域によっても特徴があるのも特徴です。

ロワールなど冷涼な地域ではハーブやレモン、青りんごなど爽快な香り。
僕が個人的に好きなニューワールドなど温暖な地域では
グレープフルーツや熟したパッションフルーツなどフルーティーさ。

そして温暖な地域に行くほど、酸のシャープさが抑えられて
とっても柔らかな飲み心地へと変化します。

 


 

そんなワインをビールに入れて瓶内熟成しちゃったのが
このイリーガルなんですね。

 

酸があるのでベルギービールに近いニュアンス。
小麦じゃないけどそれに近いニュアンス。

つまり、ハイブリッドです。

紹介文をコピーします。

イリーガルは世界で初めて、ビールとワインを融合し発酵させました。
破砕した大麦を熱湯に入れ麦汁を作り、
「サーズホップ」を加えビールを造ります。
そこにソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインをブレンドし、
瓶内で二次発酵が行われ、完成します。
サーズホップは世界でも評価の高い特別なホップです。
ビールにアロマとフレーバーを与えますが、苦味はほとんどありません。
チェコの小さな地域で、栽培方法が厳しく管理され、
この地域以外での栽培は禁止されています。

 

という感じです。

良い図があったので掲載します。



食事ともOKなお酒なので良いと思いますよ。

 

個人的に気になったのは、この作り手です。

ヴェンティスケーロは、総合食品企業アグロスーパー・グループにより
1998年にマイポ・ヴァレーに創設されたワイナリーです。

 

出典:https://www.visitcolchaguavalley.com/colchagua-wineries/vina-ventisquero/


 

「カサブランカ」、「マイポ」、「ラペル」、「コルチャグア(アパルタ)」という
チリを代表するアンデスの4つのヴァレーの最高区画に自社ヴィンヤードを所有!

さらに、 同じ畑の中でも土壌の性格を把握しているマッピングを行って
区画単位でのきめ細かい栽培方法を実施し、品質管理しています。

最近では、より冷涼な気候を求めて「レイダ」に畑を所有。
高品質なソーヴィニヨン・ブランやピノ・ノワールの生産を始めています。

「ベンティスケーロ」とはスペイン語で「氷河」の意味なんだそうです。

氷河のクリーンなイメージと、自然環境からの恩恵を思わせることから
この名がつけられたと言います。

 

こんな実力派ワイナリーが造る『イリーガル』飲んでみてください。

ちょっと先方様から『お試し』を適用していただきました。

販売価格は・・・1本(330ml)で1800円!

で・す・が!

1本1000円にて提供します。

もちろん数量限定です!!