今、クラフトジンが熱いっ!
スコッツマンにもクラフトジンが常備してあります。


紹介させてくださーい!

ということで、こんにちは!
スコッツマンのコータローさんです。

今、世界中で流行っているクラフトジンですが、
日本にも続々と輸入されてきていますね。

さらに、日本の小規模生産者もクラフトジンをリリースしているので
「いったいどれから飲めばいいんだ!?」
てな感じで、とっかかりが分からない方も多いと思います。

 

そこで、

スコッツマンで常備しているクラフトジンをご紹介!

 

①ボタニスト・ジン(スコットランド) 800yen
きれいで静かな香りのスタイリッシュなジン!




ボタニストは、スコットランドのアイラ島にある
ブルイックラディ蒸留所が造っているクラフトジンです。

ウィスキーの蒸留所として有名なブルイックラディですが、
ジンも美味しいです。

僕は、個人的にこのジンのきれいな味わいが好きで、
よくこれでジントニックを作ってご提供しています。

 

②季の美・京都ドライジン(日本・京都) 800yen
今や人気は不動のモノ!ジャパニーズクラフトジン。




季の美は、京都にできた蒸留所で造られた日本製!!
発売当初から人気が高く、今やあらゆるバーで見かける有名度。

お米でつくるライススピリッツに玉露や柚子、檜や山椒などを
ボタニカルとして使用。

柑橘系のアロマがはっきりとしていて人気です。
ロックでもソーダ割でも美味しいですよー

③WABIGINウィスキーバレルフィニッシュ(日本・鹿児島) 900yen
ウィスキー樽熟成のジンが本格的に始動!!




WABIGINを造っている本坊酒造さんは、
長野と鹿児島にウィスキー蒸留所を持つ会社。


自社のウィスキー樽を使用して造られたこのジンは、
ほんのり色がついていて香りも複雑。

時間とともに変化する香りを是非ストレートで楽しんでもらいたい。

これから増えていくであろう樽熟成タイプのジン。
ぜひお試しください。


④アスタモリス・ソウル・ジン(ベルギー) 800yen
日本大好きベルギー人が造るプレミアムジン!




ソウル・ジンは、ベルギーのアスタモリスという会社が造っているジンです。

このアスタモリスは、ウィスキーのボトラーズ会社としても有名で
代表のバート氏は大の日本好き!!!

なので、“魂”という漢字がラベルに記されていて、ソウル・ジンなんです。

グレープフルーツ系の柑橘フレーバーが魅力のジンです。

 

⑤トンプソン・ハイランド・ジン(スコットランド) 800yen
ウィスキー好きが造るちょっと変わったジン!




このジンは、スコットランドのハイランドで
ドーノッホキャッスルホテルを
運営している
トンプソンブラザーズが造っているジンです。


彼らはウィスキー造りもしていて、このジンにも
一定率の
ニューポット(樽に入れる前の無色透明な状態のウィスキー)
を混ぜています。


なので、他のジンと比較してもったりとしてオイリー!

おもしろい味わいです。

ちなみに⑤のトンプソンブラザーズから2月の下旬に
新しいジンが届く予定です。

 

スコッツマンにも登場しますのでお楽しみに!

これからは、クラフトジンも要チェックですね~



みなさん、スコッツマンでジンの飲み比べ!やってみてください(^^♪