こんにちは。小貫です。
もう3月なんですよねっ!早いです。1年の1/6が終わりました
今月が終わったら1/4が終了という・・・何という速さ・・・。
子供のころは1日が凄く長く、月日が過ぎるのが長く感じたものですが、41にもなると逆転現象的なことが起こりますね(´;ω;`)

さて、前置きは良いとして今週末ですよ!!!!

忘れてないですかぁ~~~~~~!?

ファイアストーンが常設されるんですよぉ~~~~~♪

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

 

基本的にユニオンジャックがメインでの常設になります。
それ以外3本も同時開栓をします。

 

1:Union Jack(IPA)
 
2:Luponic Distortion No.008(IPA)

3:Firestone Walker:WOOKUS(IMPERIAL BLACK IPA)

 

残る1本はこれです!!!

 

Firestone Walker:XXI
(American Strong Ale)11.8
% 

ファイアストーンフォーカー:トゥウェンティーワン



 

超大切なことなので初めに言っておきますね!!!!

『めちゃくちゃ高いです!!!(購入価格)』

以上。

 

『XXI』は、Firestone Walkerの創業21周年を記念して個性豊かな5つのエールをブレンドした超貴重なアニバーサリーエールに仕上がっています!!

このビールはFirestone Walkerのラインナップで、最上級シリーズ『Proprietor’s Vintage』の1つで、昨年2017年に発売されたビールの第6弾として発売されました。

Firestone Walkerは創業10周年の2006年以降から、毎年11月にアニバーサリーエールを発表しています。ワイン用ぶどうの収穫時期と重なる9月ごろには、毎年恒例の一大イベントがブリュワリーで行われることはとても有名で、多くのファンが駆け付けて盛大に盛り上がります。その様子がYouTubeにありますので紹介します!

 
 

このアニバーサリーエールは全て異なる形態で寝かせた、バーレーワイン、インペリアルスタウト、インペリアルブラウンエールなど(ヤバいやつです!)、更にはスモールバッチのストロングビールをブレンドして、その年のアニバーサリーエールを作り上げるというものです。

地元カリフォルニア州セントラルコーストのワインメーカーが一堂に会し、全員で一つの部屋で膝を突き合わせ、その年のアニバーサリーエールの配合を決めています。そうして完成するのが正しく周年を祝うにふさわしく、一度限りのビールなんです。それが来ちゃいます!飲めちゃいます!感動出来ちゃいます!!

 
 

今回は昨年8月22日に行われました。12回目となる今年の会合には、過去最多となる27ものワインメーカーが参加したそうです。

そこで決定された『XXI』の内訳を紹介します。ヤバいやつです(笑)

Velvet Merkin (オートミール・スタウト / 42%)

Parabola (ロシアン・インペリアル・オートミール・スタウト / 18%)

Stickee Monkee (セントラルコースト・クアッド / 17%)

Bravo (インペリアル・ブラウンエール / 14%)

Helldorado(ブロンド・バーレーワイン / 9%)

 

Velvet Merkinがブレンドの主役を務めるのは今回が初めてのことなんだそうです!!
このビールは『超限定醸造!究極の樽熟成オートミール スタウト』なんです。

更に、Helldoradoは初お目見えとなるラム酒の樽に入れた物をブレンドに使用しています。

ヤヴァイでしょ!!

以下、インポーターさんのナガノトレーディングさんからの紹介文です。

深みのあるブラウンの液色。香りは樽由来のバニラ、オーク、レーズンのアロマに続いてチョコレート、コーヒー、ココア、キャラメル、ココナッツが感じられる。味わいも同様で、それらとともにフルーティーさやスパイシーさも混ざり合う複雑な仕上がり。フレッシュな状態でも素晴らしいが、適切な温度帯(10℃ ~13℃)で何年も寝かせることによって、その味わいは更に進化する。熟成によるスムースな飲み口と、円熟した味わいも楽しんでいただきたい。

 

今回、常設にあたり1樽確保していただきました。

さて、これで4種類のビールが確定しました。

実は・・・もう1種あるんですが、濃いのを揃えてしまういつもの癖で無くなるまでに時間がかかりそうなので普通に戻ったら開栓します。