酸っぱいのって、この季節に良いですよね!

ってことでスコッツマンでも仕入れました。

 

バラストポイント:
サワーウェンチ ブラックベリーエール 

7% IBU:10
Ballast Point:Sour Wench Blackberry Ale

 



 

まず、ラベルがカッコいいです(笑)

だって骸骨のウエイトレスがトレーに
赤紫色をしたビール乗せて運んでいるんですよ。
パラストポイントって『魚』のイメージなんですが
こいつはチョイと違いう感じがしますよね!!

そうです!

酸っぱいんです♪

 

ベルリナー・ヴァイセというビアスタイルに
オレゴン産のブラックベリーを大量に投入!!
してしまったブラックベリーエールになります。

ポイントはベルリナー・ヴァイセですね。

このビアスタイルは小麦ビールの一種で(アルコール度は約3%と低め)
エール酵母の他に乳酸菌を使って発酵させているため酸っぱいのが特徴!

オリジナルのベルリナー・ヴァイセは
本当に酸っぱいので知らずに飲むとビックリ!

Σ(゚Д゚)!!

そのため、木いちご(赤)やクルマバソウ(緑)の
シロップを加えて飲むのが一般的なんです。

 

そうです。
酸っぱいビールに木いちごの代わりに
ブラックベリーを加えて作られたビールになるんです!

ただ、奇をてらった色やスタイルではないことが分かると思います。

これぞクラフトビールのパイオニアであるバラストポイントの素晴らしさ。

 

こういうビールってビールをあまり好きでは無い方にも
ワインが好きな方にもウケが良いんです。

なぜかっていうと『酸』です。

ワインを好きな方にとって『酸』の存在は非常に大きいです!

酸というのはお酒にとって非常に大切なニュアンスを握るものだと
僕自身も思っているし、もともとがワインを飲んでいた人間なので
その辺りも良く分かります。

 

こういう季節だから美味しさもそれ以上になります!

近々開栓予定でいるので楽しみにしていてください♪

 

ちょっと気になるのが『クルマバソウ』だと思います。

こんな植物です。

クルマバソウ

和名の由来は、葉の様子を牛車の車輪に見立てたものである。
全草にクマリンという芳香成分を含む。
このため、ヨーロッパではビールやワインの香りづけに利用される。
また、衣服の防虫剤としても利用される。
属名の Asperula はラテン語の「asper(粗面)」の縮小形である。
葉面がざらつくことから名づけられた。
種小名の odorata は「よい香りのする」という意味である。

出典:花好きを応援!総合花サイトみんなの花図鑑

 

Asperulaはアスペルラと読みます。
odorataはオドラータと読みます。